コンサル資格のトップ.jpeg

「クラウドファンディング
コンサルタント
®︎」とは
クラウドファンディングのプラットホームと起案者(ファウンダー)の間に立ち
アドバイスやコンサルティングを行うための資格です。

コンサルタント_edited.jpg

クラウドファンディングを成功させる

ノウハウ身につけます。

5096007_m.jpg

クラウドファンディングコンサルタント®が、

企画を持っている人(起案者)を

成功に導きます。
 

公式の認定証を持って、クラウドファンディングについてアドバイスできます。

 クラウドファンディングは、アメリカではテストマーケティングとして使われます。テストマーケティングは、すべての会社で事業戦略に必須です。そのため、経営者・役員もテストマーケティングについての知識が求められます。「誰に」「どんな商品を」「どう売るか」という自社の営業方針を示すには、経営者・役員がテストマーケティングの正しい知識を持つことが不可欠です。

スクリーンショット 2021-08-29 17.37_edited.jpg

 ローリスク・ハイリターンでテストマーケティングができるクラウドファンディングコンサルタント®︎の資格を取得すれば、営業不振の際に問題点を見つけやすいなど、社員の力を底上げするのに役立ちます。

 また、プレイヤーである場合は、この資格を持っておくことは重要です。なぜなら、テストマーケティングはやり方を間違えると成果を上げることが難しいからです。実際にテストマーケティングを行うプレイヤーはもちろん、指揮を執る経営者・役員の皆さんにも、スキルアップの一つとして、ぜひこの資格を学んでいただきたいのです。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
スクリーンショット 2020-08-15 11.41.08.png

資格っておいたほうがよい3つの理由

理由1.

総合的な能力の向上

人は経験によって成長していく。トラブルに対応できれば、それが自信となり、知識となる。資格講座やコミュニティーからのの学びで次のトラブルを防ぐ対策が練られたり、発生したとしても冷静で迅速な判断ができるようになっていく。そのような状況において、この資格取得は効率的に知識と技術を身につけるために有用だ。どの業界でも事業にも共通するような基礎的な知識が得られると同時に、そのプロセスから総合的な能力の向上も期待できる

理由2.

スキルアップ

キャリアを積み上げていくと、より専門的な知識の必要性が高まる。部下を持つ立場になると、業務の遂行責任や部下の指示・管理責任を負うようになっていく。また、時代に即した商品展開やサービス提供を視野に入れなければならない。時代の変化を認識し、うまく自社の経営に取り入れていかなければ、売り続けることができなくなるからだ。年齢を問わず、常に学び続ける者だけがスキルアップしていけるといえる。

理由3.

ノウハウの伝達効率UP

社員へのマーケティングノウハウの伝達は、忙しい中でたくさんの時間を割く上に、何度言っても理解されているのか手応えもない状態で、うまくいかないと悩んでいないでしょうか?社員へゼロから知識を伝えていくのは伝達効率が悪く、このような場合、社内でも資格取得を促すと効率がいい。経営者自らが先んじて資格を取得しておくことで、基礎知識を持った社員への、自社でのノウハウを共通言語で伝えることができる。

スクリーンショット 2020-08-15 11.41.55.png

では、ここでクラウドファンディングコンサルタント®養成講座の内容について簡単にご説明致します。


 5つのSTEPからなる教育課程を約12時間(任意受講含む)で学習して、1時間の認定試験を受験する学習内容です。

(*学習時間には個人差があります)



   STEP1     ファーストステップ 1時間30分(必須)
  STEP2     ステップアップ   1時間(必須)
  STEP3     マーケティング講座 45分(必須) 
  STEP4     ライティング講座  1時間(必須) 
  STEP5     ケーススタディー・ワークショップ 90分12回(任意)最大18時間
  認定試験 1時間(必須)
 
 

 


 さらに、起案やサポートしたい起案をお持ちの場合は

受講しながらクラウドファンディング を創りあげる

ことができ、審査に申請するまでの準備をすることができます。

 

※2020.1.20より • 初級講座→ファーストステップ講座、• 実践講座→ステップアップ講座と名称変更いたしました。

不況に強いクラウドファンディング


クラウドファンディングは不況の中に始まりました。

アメリカではリーマンショックの後、クラウドファンディングは寄付で集めるものではなく、新しい産業を作ってきました。雇用を生み出しました。

しかし日本は震災から始まってきているので、どうしてもクラウドファンディングは寄付と思われがちです。

数年に1度、世の中が変わります。昔はスペイン風邪やペスト、近年では、9.11、リーマンショック、3.11など。そして、今、新型コロナウィルスで大きな改革期を迎えています。

大変な時期です。しかし、どんな時も

新しい産業が生まれ、新しい世の中が作くられていくものです。


クラファンコンサルタントが活躍できる最も重要な時です。


クラウドファンディングコンサルタントに

ご興味をお持ちのみんなで力を合わせて頑張っていきましょう!

スライド2.jpeg

STEP1

方法:動画学習8話

​学習時間:1時間30分

 

必須受講 

スライド3.jpeg

STEP2

方法:動画学習6話

​学習時間:1時間

必須受講

スライド4.jpeg

STEP3

方法:動画学習3話

​学習時間:45分

    

​必須受講

スライド5.jpeg

STEP4

方法:動画学習6話

​学習時間:1時間

​必須受講

スライド6.jpeg

STEP5

方法:オンライン開催

​学習時間:1回90分 12回

​   (最大18時間受講可能)

​任意受講

資格2.jpg

クラウドファンディングのプロジェクトをブラッシュアップ!
トップコンサルがケーススタディーをサポートするワークショップ!

 実際に取り組んでいるリアルな案件の「ケース(事例)」を通じて学びます。下図のようなプロセスを取るのが一般的で、アメリカのビジネススクールではケースメソッドという教育方法の中に取り入れられています。日本初のクラウドファンディング 専門校が行う、クラウドファンディング 業界では唯一の講座です。

●ZOOMによるオンライン開催です。

●1起案15~20分を目安に毎回4起案ほどを、参加者全員で意見交換しながらブラッシュアップしていきます

●起案をお持ちの方は、講座で画面共有しながらプレゼンすることができます。画面共有できる資料をご準備ください。

●養成講座受講期間中に限り半年間12回、起案をお持ちでなくても無料参加することができます。

 


*ケーススタディー・ワークショップ
 (毎週火曜日)

about_license_ribbon.png

​全国どこからでも

これまでに地域(リージョン)のイノベーションリーダーが

累計8000名参加した講座から

これまでに
全国120

クラウドファンディングコンサルタント®が
誕生しています。

6.jpg

クラウドファンディングコンサルタント®の皆さんとは、定期的に活動を報告しあうシャア会を開催したり、春にはクラファンパーティー(年次集会)、秋にはコンサルタント総会を開催しています。

 


 
   
クラウドファンディングコンサルタント®資格保有者ファクト

 

 

経営者・事業主・役員・士業・コンサルタント・コーチ・農業経営・店舗経営・WEBやIT事業者・プロデューサーなど
 

ご自身の経営力に『スキルプラス』することで、ご自身がテストマーケティングしたり、顧客をサポートしたりしできるようになり、仕事と活躍の幅が大きく広がります。これからの時代に不可欠な資格・職業と言えるでしょう。

オンラインワークショップ

コンサルタント

サロン

オンラインによるコンサルタントサロンを
毎月5日と15日に定期開催いたします。

年次総会2019

春に開催した六本木ヒルズクラブにて開催した、年次総会の様子です。

秋には、コンサルタント総会を開催します。

original.jpg
original-22.jpg
Crafun Award 2021
オンライン開催で、各分野で活躍する皆様の表彰を行いました。
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
ニューヨーク事務所

scince 1995

ニューヨークで起業

107838509_690459348464546_82467491025954

1995年、周りではインターネットを誰もやっていない頃、板越ジョージ博士はNYでインターネットを利用して起業、たくさんの資金調達をして事業をスタートしました。

しかし、2001年、9.11アメリカ同時多発テロ事件が起こり会社は倒産。

それでも、多くの人が板越ジョージ博士に起業のアドバイスを求めてきました。


なかでも、アーティストやミュージシャン、起業家など、様々な人が共通して悩んでいたのが「資金調達」。

そこで、板越ジョージ博士は、日本では司法書士にあたる事業をテロの後、2001年に立ち上げました。

クラウドファンディングとの

出会い

New%20York%20City_edited.jpg

アメリカでは、日本とは違って、銀行がお金を貸すという仕組みではなくて、投資家を集めてビジネスをする……というやり方が主流です。

2012年当時、NYでは「キックスターター」「インディーゴーゴー」といったサイト名をよく耳にしていました。これがいわゆる「クラウドファンディング」のプラットフォームです。

板越ジョージ博士は、日本でもクラウドファンディングは受け入れられるのではないかと思い、アメリカで、自分でもクラウドファンディングを立ち上げてみたり、コンサルティングやセミナーをはじめてみました。

日本で最初

クラウドファンディングの

シンクタンク

 

 

 

2013年より、日本人向けにクラウドファンディング関連の記事を書くようになり、2014年に日本で最初のクラウドファンディングの教科書「クラウドファンディングで夢をかなえる本」をダイヤモンド社から出版。

その後、日本全国で講演し、クラウドファンディングを広く啓蒙する活動を行ってきました。


2014年、クラウドファンディングによって、NYにコワーキングスペース「グローバル・ラボ」を設立しました。わずか4時間で目標金額を達成。1日で100万円を超える大成功を収めました。

2015年4月20日にアメリカでの会社設立20周年を記念して、日本にクラウドファンディング総合研究所(現:クラファン総研株式会社)を設立。これは日本で最初のクラウドファンディングのシンクタンクです。

日本初

クラウドファンディングの

教科書

about_meet_book.png

はじまりは

中央大学ビジネススクール

クラウドファンディング養成講座の前身は、2017年に遡ります。

中央大学ビジネススクールにおいて、「クラウドファンディング実践講座」として私が教鞭を執ったのが始まりであり、それを経て、2018年よりクラウドファンディング総合研究所主催による「クラウドファンディングアドバイザー®養成講座」(旧 アドバイザーコース)を本格始動しました。

original-32.jpg
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

現在、アメリカでは、自力でクラウドファンディングを立ち上げる起案者は少数です。

 

アドバイザーやコンサルタントに頼む形が主流です。そのスキルを社内で構築すると経営力UP!


 

 

例えばインターネットが始まった当時に、日本でもWEBコンサルタントやITコンサルタントという職業はなく、人を雇って、自社でホームページを作っていました。今では、WEBコンサルタントやITコンサルタントという職業はめずらしくありません。インターネット、WEBが当たり前になって、より効果が高いものを求めた時に、専門家にまかせるようになってきたのです。

クラウドファンディングが日本でも珍しくなくなってきた今、これからクラウドファンディングを成功させるために、専門家(アドバイザーやコンサルティング)にまかせるのが当たり前の時代になってきています。そのスキルを自らが身につけ、さらに社内で構築することができたら経営力が増進することでしょう。

”タイムマシン経営”の理論に基づいて考えると、そのビジネスモデルは日本にも入ってきます。しかし、「アメリカで成功したビジネスモデルを日本で展開する経営方法」が日本に入る時に、本質がゆがむ恐れがあります。私は、決して本質を誤解させてはいけないと考えています。

アメリカでのクラウドファンディングは、資金調達や寄付集めが目的ではなく、実際マーケティングツールとして使われていることがほとんどです。


日本でも本来のマーケティングツールとしての「クラウドファンディング」を基本から学び、そして成功に導く人材が求められているのです。

スクリーンショット 2020-08-14 15.16.10.png

日本ではまだ新しい職業

クラウドファンディングコンサルタント®

目指してみませんか?

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

いま、注目を集めており、これから期待されている

職業・資格なのです。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
original-12.jpg
スクリーンショット 2020-08-15 15.10.37.png
スクリーンショット 2020-08-15 15.10.51.png
スクリーンショット 2020-08-15 15.10.58.png
スクリーンショット 2020-08-15 15.11.28.png
スクリーンショット 2020-08-15 15.11.31.png
スクリーンショット 2020-08-15 15.11.34.png
スクリーンショット 2020-08-15 15.11.39.png

他にも実践的魅力的

カリキュラムがあります。

about_consultant_img_main.jpg
クラウドファンディング コンサルタント®︎養成講座について

クラウドファンディングの戦略・分析、

実際にプロジェクトを成功させるためにどうしたらいいのか

基本から実践まで幅広く徹底的にカリキュラム化をしています。


プロジェクトを起案したい人にアドバイスやサポートができるようになります。​

講座目的

クラウドファンディング コンサルタントとして新商品・新事業を

世に出すサポートをし商流の基礎を作ることが​できるようになる

​受講料

受講料:174,240円(税込) 

*試験合格後

入会金 13,200円(税込)

年会費 15,840円(税込)

受講時間

学習   24時間(6時間必須、18時間任意)

認定試験 1時間(必須)

​期間

受講期間 6ヶ月

​認定試験の最短受講 約1ヶ月目以降から

​メリット

起案や起案のサポートで150万以上の成功を目指せる。

新プロジェクトの経営戦略に活かすことが出来る。

​取得資格

 

​クラウドファンディング コンサルタント®︎

スクリーンショット 2020-08-15 11.41.08.png
オンライン講座ファシリテーターのプロフィール
original-1.png

クラファン総研株式会社  取締役

クラウドファンディングコンサルタント®︎

​中小企業アドバイザー(中小機構)


佐賀県鳥栖市に生まれ育つ。福岡教育大学で教育学・教育心理学科を卒業直後、1本のFM番組を機にフリーアナウンサーで起業し25年目。大学生と高校生の母。

子育て中には、W介護・長期単身赴任・不登校生活の中、5年間ドイツ交換留学生・インターンシップ受入れをするとともに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙教育指導者として10年間に数万人の親子を指導。

設立し代表を務めた宇宙サイエンスの協会では認定講師を育成し協会アワードを3年連続受賞。
科学館や天文台のコンサルティングや宇宙を生かした地方創生に関わるなか、クラウドファンディングの第一人者と出会い、「クラファン×地方創生」の魅力を実感。


現在、日本初のクラウドファンディングの専門校クラファンカレッジの教材開発やクラウドファンディングプラットホームcrafun.jp立ち上げも担当。

「あきらめない心で夢を叶える」理念のもと、地方の町から全国へ、世界へ羽ばたきたい皆さんの夢と活躍のサポートに尽力している。

板越ジョージ博士のビジネスLIVE配信に参加できる

クラファン入門動画16話プレゼント!

​特典申込・お問い合わせ

送信ありがとうございました